読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

子供服が捨てれない人は写真を活用してはどうだろう

昨日の記事でフォトブックについて触れたせいか、私のセンサーが鋭くなっていたようで、見ず知らずのご夫婦を盗撮するところだった。アブナイ。アブナイ。自転車で息子をお迎えに行く中、目にしたその光景は

赤ちゃんを抱っこし、歩く女性の目線の先にはスーツ姿の男性

二人はゆっくりと笑顔を交えながら桜の道を歩いていた

暖かい空気の中、前を歩いていた二人を見つけ『2年前の自分たち(夫婦)もこんな感じだったのだろうか?』と思いだし、写真が撮りたくなった。

そして、二人の横を通り過ぎながら、こんなことを考えていた。

 

もし、日本に

その背中、素敵ですね協会があれば、今の私は協会員になっているはずだ。

その背中、素敵ですね協会規約

①私たち協会員は素敵だと感じた背中を写真に残します。
②被写体となった方へ協会証明の提示と共に必ずご報告いたします。
③報告はお仕事中などは避け邪魔にならないよう行います。
④被写体となった方の許可が下りない場合は、その場でデータを削除いたします。
⑤許可が下りた場合は、協会サイトにてご覧頂けるよういたします。
⑥被写体となった方が、ご希望の際はその画像をお渡しいたします。

 つら

 つら

こんな感じだろうか。。。

この建前があれば、思うままに写真を撮ったはずだ。そして、もし彼らがフォトブックを作ろうと話していたならば、ぜひ裏表紙にどうだろう?そんな素敵な背中だった。

まぁ、春の陽気にやや浮かれながら、幸せな妄想と共に息子を迎えに行ったんだな。

 

んっ?表題と話が違うな。。。

とりあえず、私は写真を 自分の感情に任せ撮っているのだと思う。息子の写真に関して言えば、今!この時を覚えていたい!とにかくこの気持ちだ。忘れっぽいから、写真を見て思い出せるのって本当にすごいなと、今まで写真をあまり撮らなかった私は強く思っている。

子供の写真って、きっと皆こんな感じで撮るよな?たぶん。

そして私が感情のままに写真を撮る時とは別に、意図的に撮っていることがあるのが服に関する写真だ。私は子供服を捨てることに躊躇いがない。元々の性格もあるのだが、私がしていることの一つに、一気に捨てず小出しで捨てる!がある。

よく「ありがとうと感謝をして」とかあるが、全く理解できない。服に感謝?なんで?と思う。どう感謝するの?かわいくてありがとうとか?出会えてよかったとか?謝罪も感謝も理由がないとわいてこない感情だ。強いて言えば貰ったものならば感謝はするが、服じゃなくてくれた人にだと思う。

これは私の解釈だが、子供の物を捨てる=思い出を捨てる、という気持ちになるのを、感謝という言葉で昇華させているのではなかろうか。そんな自己暗示をかけて「今までありがとう(´;ω;`)」と何枚も一気にサヨナラしたら、もうその日は意気消沈して、ご飯とか作れないんじゃない?と想像してしまう。それに、”もう着れない、着ている姿を見ることができない”って状況は余計に切なくなりそう。

 

そこでだ、子供服が捨てれない人は写真を活用してはどうだろう? 

私がしている写真活用

  • 服を購入し、初めて着せる時に写真を撮る。
  • お出かけに行く時は気に入ったもの!前回とパターンを変える。
  • 保育園の予定がある日は、納得したコーディネイト。
  • 小さくなった、くたびれたと感じたら着せるのはあと1回。
  • 最後の1回を着せた日に写真を撮る。
  • その日のうちに捨てる。

これをすれば、着初めと終わりを見比べ、成長を感じることができる。 園の行事ごと〇〇会やお出かけで、子供単体ではなく他の人と写る機会に、自分のかわいいと思える服の写真が残る。一気に捨てないので、喪失感が少ない。入浴前、子供の服を脱がせて「おつかれ。」これで終わりだ。

もし捨てれない方は、季節の変わり目の今がタイミングだと思います。

一枚捨てることができれば、次もイケルはず。

 

捨てれないけど、売ったり、あげたりはできるっていう人けっこう多い。あげるから、売るからと理由をつけて、くたびれた、汚れた、買い手もつかなそうな服を置いておかないで。自分でさっさと処理する方が、家族のためだと私は思う。空いてる場所を不要(使わない)モノで埋めるのはもったいない。

時間が金であるように、場所は価値だと思う。

クローゼットがスッキリすれば、箪笥が一つ減って子供が角で頭をぶつける心配が無くなると考えればいい。

 

もし「♡♡ちゃんこんなに小さかったんだ…。」と少しおセンチな気分になりたければ1シーズン1着残せばいい。年間4着だ。10年で…40着…多っ。でも子供服なら1箱分くらいだろう。

 

私は相方と息子のペアシャツだけは残すと決めている。

UVカットの額縁に入れて入れて飾るんだ♪

今はできる限りそのシャツでお出かけして、思い出(写真)を溜めている。

「とーとと、いっしょね。」

と言ってシャツを着る2歳の息子を何年先も思い出せるように。

 

あ~あ~

その背中、素敵ですね協会できないかな~。

んで、不意打ちで撮ってくんないかな~。

f:id:flyrice:20170406153715j:plain

家族並んで歩いてるとこ撮ってほしいわ~。

なんて思っいながら書いてみました。

 

 

読んでいただけた方へ
もし良かったら私の背中を押してください。

 click OR tap↓Pochi!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自分のために書いてますが、やっぱり嬉しいもんなんです。