今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

冬の吉野へ

「毎度よくこれだけ色々と 出かけるプランを考えるな。」
と本当に尊敬する。基本インドアで最低限の外出で済ませたい母(私)と比べると、お出かけにたくさん連れて行ってくれるお父さんは特別な存在に違いない。

 

今回の目的地は”山”と当初聞かされていたので「こんな寒い中たくさん歩くのイヤだな~。」と思っていたが、メインは電車だった。

地下鉄で1回乗り継ぎ、地下鉄から近鉄へ乗り継ぎ、、、f:id:flyrice:20180115113836j:plain
近鉄でも2回乗り継ぎし、今回のメインにやっとご対面。f:id:flyrice:20180115113850j:plain

青の交響曲(シンフォニー) Blue Symphony|近畿日本鉄道

電車が止まると、ツアー客の方々がぞろぞろと降りてきた。さすがエレガントな電車旅と言うだけあって、降りてくるのはご年配の方がほとんどだった。一気に降りられたせいか、車内は我が家のみ・・・

f:id:flyrice:20180115113844j:plain
外観もだが、中もとても落ち着いていて高級感がある(ように見える)。少し席に座り息子がすれ違う電車を眺めた後ラウンジへ。f:id:flyrice:20180115113824j:plain

「ビール♪」「ビール♪」とはしゃいでいた相方。カウンターを目の前に黙る。そして「ケーキとか要らない?何か飲む?」と聞くので『(昼飯前だし)いらない。』と断ると「やっぱり ぃぃ…」と後ずさろうとするので(連れがいないと頼めないのか?小学生かよ)『飲みたかったんでしょう?頼みなよ』と後押しした。

f:id:flyrice:20180115113828j:plain
ビールを買うついでにコースターをもらう。
ニヤニヤとビール越しの息子を撮る相方。すげー嬉しそう。頬緩みすぎてて面白かった。
f:id:flyrice:20180115113833j:plain

乗っている時間は約40分。桜も紅葉もないシーズンオフの吉野行きはラウンジに我が家ともう一組で、たまに飲み物を買いに来たり、食器を返却に来るお客さんがいるくらいで静かだった。結局、座席に戻らず最後までラウンジで過ごした。

 

電車を降り、ロープウェイで・・・としていたら、止まっていたため臨時の車で山を登った。今回で2回目の 金峯山修験本宗 総本山金峯山寺

 

f:id:flyrice:20180115113831j:plain

前回は本当に人が多くて…「早く帰りたい。」とすら思ったが、今回はチラホラと数組がきているのみだった。所々に雪が残り、冷たい空気と静かな境内はとても気持ちがよかった。
お参りをした後に近くの店で昼食。店内は昼時だが我が家以外に一組いるだけでとても静かでゆっくりと食事をすることができた。葛うどんはトロトロの出汁が優しく、ずっと温かいまま食べることができた。セットの柿の葉寿司(鯖)は初めて食べたが凄く好み。今度またタイミングが合えば買おうと思った。

f:id:flyrice:20180115113854j:plain
その後、約1キロの道のりをゆっくりと歩いて下った。

帰りは吉野~阿倍野橋まで特急で1本、地下鉄へ乗り継ぎ自宅まで帰った。

今回は相方が特急券をネットで購入していたので、近鉄からは指定席に毎度座っていたのだが、青の交響曲の車両料金を含めて片道が

f:id:flyrice:20180116103710p:plain
とのことだった(これプラス通常の乗車料金)。ちょっと豪華な車両や指定席を加えるだけで”お出かけ”が”小旅行”へランクアップしなんかお得な気分だった。

『もう行かなくてもいいかも…』と思わせていた吉野を『いってよかった場所』へ記憶の上書きをしたお出かけだった。