今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

たくさん紅葉

今までは、家で一番の早起きさんだった息子。
ひどいすごい時は朝4時の日の出と共に起きていた。寝起きもよく『起きよっか!』と眩しいくらいの笑顔で私を起こしていた息子。

そんな息子が先週から朝起きてこなくなった。体調不良なのか?気温のせいなのか?原因はわからない。『かぁかねんねする』と私を引っぱり、断ると『ほいくえんいかない!』と強く言いながら号泣する数日、今までとのギャップに辛い日々が続いていた。

かと言って、休みの日にゆっくり寝るわけでもなく、朝から起きだし『プラレールする』と元気いっぱい。「そこは寝たらいいんでねえか?」不思議だな。

寝起き治ったのかな??

 

日曜日は朝からドライブでいつものごとく寺巡り。

松尾寺 | SATOMACHI IZUMI

寺と公園が併設されたような作りの敷地は人がチラホラいるだけでとても静か。紅葉がきれいに色づいて近所の方の憩いの場と言った印象。

f:id:flyrice:20171128103008j:plain
昨日息子と「明日はとーとに抱っこしてもらわないでたくさん歩こう。」と話した効果か?階段を一所懸命に上がる。時々どんぐりに気を取られながら上がる。

f:id:flyrice:20171128103340j:plain
いろんな種類の楓があり、黄、橙、紅ととてもカラフル。

f:id:flyrice:20171128103035j:plain
公園でブランコ。息子楽しそうだ。

f:id:flyrice:20171128103040j:plain
滑り台ループ。父が写真を撮る間、ずっと滑り台。

f:id:flyrice:20171128103203j:plain
ココの公園は秋がピークかもしれないな。

 

車で移動し 第四番 施福寺 : 西国三十三所 へ

山の上のお寺。
階段を上り続けることから、札所の中では難関とされる場所。先程のお寺同様、息子に頑張って登ってみてもらうことに。ポケットに元気のあめと名付けたフルーツのど飴を入れ息子がんばる。いつもならすぐに『とーとあっこ~。』と言うところを「元気のあめ舐めてるからイケるイケる!頑張れ!」と応援しながら進む。

f:id:flyrice:20171128103239j:plain
すれ違う参拝者の方々が「すごいなボク!」「がんばって!」とたくさん声を掛けて下さる。ありがたい。恥ずかしがり屋の息子は残念ながら声援に答えない…でも頑張って登る。
あと250mと言うところで休憩がてら座ったら、あめも息子の気力も尽きてしまった。4個では足りなかったようだ。声をかけるも反応が薄い。しかたなく父が抱っこで進むことに。

f:id:flyrice:20171128103252j:plain
途中、下ろしたのをきっかけに最後の階段を頑張って登る。

f:id:flyrice:20171128103327j:plain
約1キロあるらしい階段。少し抱っこはしたもののたくさん上った、とても頑張った!すげー親バカだと思うが本当に(いつも歩かないから尚更)頑張ったように感じる。

f:id:flyrice:20171128103401j:plain
お寺の横にも紅葉。本堂の中から見ると切り取られた絵のよう。特別拝観もあり、仏像がたくさん。馬頭観音さん、十一面千手観音さんや、座っていることの多い文殊さんが立っていたりと見ごたえがあった。
拝観を終えて出てくると、”いのりちゃん”なるゆるきゃらが・・・。

いのりちゃん巡礼へ 「西国三十三所」に挑む − 岐阜新聞 Web
ゆるキャラスタイルで登ってきた!
すげー!(息子がビビるので写真撮り忘れた。)

景色を見ながらおにぎりを食べ、下りは転ぶとまずいのでf:id:flyrice:20171128103421j:plain
肩車で降りてきた。抱っこより楽かなと提案したが、相方は肩車はつらいらしい。

その後、ホームセンターで木材と日用品を購入し、帰宅後に外食へ行った。

 

昨日この内容をまとめようと考えていたが、朝になると『ほいくえんいかない』の号泣と共に叩いてきた。叩くことは叱らないといけないし、泣いてるのを落ち着けないといけないし、時間は決まっているし…ゲンナリし書く気力がなく「日曜はあんなに頑張れていたのにな…」と悲しくなっていた。

息子と帰宅後、何故そんなに保育園が嫌なのか?と尋ねると『ねむいから。』と答えるので、できるだけ早く寝るよう頑張ろうと声をかけ夜を過ごした。

本日、無事泣くことなく園へ向かった。良かった。
被害者は夜勤だからと調子こいて3時過ぎまで飲んでいた男のみ。
息子は父が出勤しないので、父と保育園に行くと言い出したのだ。仕方ないよね、たまにはお父さんと保育園行きたいよね。

親父は少し非日常の中にいる。

いる時はできる限り一緒にいたいのだと思う。

良かったじゃん好かれてて。

がんばれ親父。