今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

「いつかしたい」をやめていく

仕事で来年販売する商品のデザインを進めていて
自社でデザインをする人間が私のみなので
好きな物を作れるのだけれど

売れるかどうか?

という事を無視するわけにはいかないので
いつも悩みながら相談する相手もいないまま決めていく。

1人の好みや感性でデザインや売り方を決め
「平均的(万人受けしそう)なデザインを作る。」
というのはいつも難しく、頭をかかえる。
デザインをしている人は何をもって
『コレ!!』を決めているのかな?

別にデザインの仕事に就こうと思っていたわけではないのだけれど、縁があって今の仕事をしているし、金もらってんだから「売れそうかな~」くらいは考えていかなきゃならんだろうし。

 

男の子用のデザインが本当に難しくって。

そもそも子供が「好き!欲しい!」 って言った物を素直に「じゃあそれで」と買う親が本当に少なくて(自分も含め)子供には、こんな格好をしてほしいとか、良い物を持たせたいとか、子供自身が求めてない事が優先される方が(小さいうち)は多いと思う。

その辺りの親心を考えないと、きっと売れない。

実際のところ(親目線で)「鋭利な部分がないから他よりも安全そう。」とか、「小さめだからこれぐらいならいいか。」などと親を納得させるもの(サイズや形状)のほうが売れる。

だけど、そればっかりを重視したら子供の欲しい物じゃなくなってしまうんだよな。だから親のよくわからない不安とか安心を気にしながら、子供が「欲しい!」と喜んで選べるものを作りたい。

女の子はある程度カワイイとかがお母さんと共感できるから楽なんだよね~。

男の子のカッコイイってお母さん目線で言うと「そっか~(アイタタタ…)」が多いんだよね~。

そして情報が少ない。会社で1人だからとか、ママ友いないからとか、コミュ障で知り合い自体が少ないを理由にしたくはないが、本当に自身が探せる範囲を見回しても足りない。
アンケートとかをとろうにも自社の規模が小さい事や必要経費に対する経営者との考え方のギャップが大きい。

人の土俵で相撲とってる雇われ人は、金のかかることは大きい声では言えない(言ってきたけど却下され過ぎて言う気が無くなった。)

結局、自分の経験や市場や同業他社や「やってみたいな~。」と興味を引かれたものを取り入れていく。(そもそも才能やセンスがたいしてないという問題もある。)

息子が産まれた年は、午年なので馬のデザインに関連する物を作った。

息子が それ を必要になる歳になったら、好みを聞きながら作ろうと考えていた。

でも、今の仕事をあと何年するかがわからないので、とりあえず今の息子が好きなものを取り入れたものをデザインすることにする。新幹線を取り入れるので先日JRに問い合わせした。プロパティライセンス|jeki(株)ジェイアール東日本企画

上手くいけば、来年には商品になるし、条件的にも問題なさそう。

上司には相談してないが

「したいんで、させてください!」

と強く言ったらいけるかな?
息子のためと思うとデザイン考えるのも企画書作るのも楽しい。

f:id:flyrice:20171018130814j:plain

  • 子供たちが喜ぶものを作りたい
  • お母さんが安心して買えるような店にしたい
  • 見にくいカテゴリーわけや検索しにくいホームページを改善したい

どれもこれも会社(上司)から求められていることじゃないんだけど、他にもたくさんあるやりたいこと をできるだけやり切って、後悔なくスカッとサラバできるよう、仕事では「いつか」はできるだけ使わないことにする。