今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

休日日記1泊2日ちょっと遠出【滋賀&福井】②

10月9日(月曜日)

5時30分 まだ明けない窓の外を見ながらゆっくりと起床(自分でもびっくり)し、ボケーと横になったまま外を眺める。少しずつ山のシルエットが鮮明になり朝が来るのがわかる。

5時50分 相方の携帯のアラームが鳴り、驚いて止める。「なんで?」と考えて気付く。朝風呂か…6時からだな。行こうと決意。

6時00分 相方は時計のバイブで目を覚まし「うぅ…」と声を出しながらこちらを見た。目が合ったので「じゃ!」と手を振り温泉へ向かった。

サクッと浸かり戻って交代すると、息子が起きてきたので着替えを済ませて7時30分の朝食を待った。待つ間に散歩に出ると、テントのあちらこちらで父達が火を起こしたり調理を開始していた。焼きたてのパンを取りにパジャマ姿の子供が走っていた。

 

時間が来たので宿に戻り朝食を済ませて猫と別れを惜しみながら宿を出た。

朝一の目的地白山平泉寺 | 福井県勝山市

f:id:flyrice:20171011122226j:plain

車のすくない朝8時過ぎ、駐車場へ止めて降りると栗の木の下に毬がコロコロ転がっていた。実はなかったが息子には初の栗だった。

f:id:flyrice:20171012121453j:plain

まだ開いていない売店をすぎて石段を登っていく。息子は抱っこ虫になり、断る父にせがみまくり抱き着く。参拝者は少なく、男性が颯爽と追い越していった。

f:id:flyrice:20171011122213j:plain

途中の社務所スタンプラリーと書いてある冊子とスタンプがあったので押してみると、いつもと違う。何だかとってもカッコイイ。(だいたいのスタンプは建物だったり、ゆるキャラだったりが多い)牛王宝印とか言うらしい(写真撮ってないや)。ちょっと集めたくなった。横に入園料50円の庭があった。

f:id:flyrice:20171011122240j:plain

とてもとてもきれいな景色が続く。

『苔生した』

とはここだと思う。参道を挟むように苔が続く。若々しいみどりの苔と杉の深い緑が混じり目に嬉しい。もちろん空気も澄んでいて口にも胸にも優しい。

f:id:flyrice:20171011122258j:plain

御手洗池 平清水

距離にしたらそんなにないような?高低差も少ないような?気がするのだが興奮しすぎたのかもしれない、拝殿に着くころには少し息切れしていた。

f:id:flyrice:20171011122312j:plain

苔寺←納得!見た目にも(触ってみればよかった)ふわふわとした苔が、地面を覆って広がる。主な種類はスギゴケ・ヒノキゴケ・ムチゴケ・オキナゴケとからしい。

f:id:flyrice:20171011122327j:plain

福井は雪国なのだな。寺・神社の雪対策や、信号機が縦になっていたりなど小さな違いがとても面白く感じた。

その後

近くの越前大仏公式ページへようこそ - 越前大仏公式ホームページ!

大きかったです。何と言いますか…華やか?大きかったです。

 

更に移動して

福井に実家がある友人に聞いていた内容だとあまりいい反応ではなかったので期待していなかったのだが・・・

f:id:flyrice:20171011122348j:plain

リアルリアル!すごいすごい!

f:id:flyrice:20171011124145j:plain

息子は怖がり抱っこでしがみ付く。動く恐竜に近づくと泣くのかと思いきや、キレていた。真剣にキレた顔をして「あっちに行く!」と離れることを訴えかけていた。

f:id:flyrice:20171011124154j:plain

骨は全然平気のよう。でも抱っこは続く。イベントが開催されていて、無料でフェイスペイント(シール)や缶バッチ製作もできた。

感想としては規模が大きすぎてびっくり!

友人はきっとカップルや大人メインで行ったのではないだろうか?大人目線でいくと興味がなければ同じような物が続くので単調に感じそう。

 

その後、車に戻り移動を開始すると息子はまた眠った。

相方の予定では滋賀に移動し寺に参り帰宅という予定だったのだが、暑さと(たぶん移動疲れ)のせいで息子はややグロッキー状態になってしまい寺へは相方のみ参拝し母子は車で待機した。

帰宅後、息子の体調がさらに悪化。

熱中症?疲労?理由はわからないが、病気にかかりにくいとはいえ、いつもイケる(大丈夫な)わけじゃないことを反省し、翌日も熱があったためお休みをして家でまったりと過ごした。夕方には熱も下がり、翌日は元気に登園し旅行の事を園で話していたそうだ。

いい思い出になっているのなら良かった。

 

苔寺、また行きたい。