今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

私をキレさせるのが天才的に上手い男と私を喜ばせるのが最高に上手い男

良いことがあると
嫌な事があるもので
イヤと表現すべきなのかもわからないのだが

イライラした。そしてキレた。

これが事実。

 

昨日、息子と二人の夕食。
平日はほぼ母と二人、できないながらも真似をしたいようで、箸を持って楽しそうに食べる息子。片頬に手をあて「おいしいね~。」と笑う。「かぁかもして!」と私に真似することを要求。あなたの笑顔があればこのスーパーで買った”おつゆで食べる太モズク”も、お店で出てきたかのように美味しいわ。と心から思いながら真似をした。

ごはんをニコニコと進めることの喜びに浸りつつ箸を進めていると息子が

「かぁか、ごはんつくってくれてありがとう。」

とモジモジしながら言った。

泣ける。

これは先生の仕込みかなんかか?
ごめん、もっと素敵なメニューにしておけばよかった。
ヤバい泣きそう、マジ泣きそう。
これ、この気持ち今すぐブログに書きたい。
あっ、でも無理。いつ書けるっけ?
マジ泣きそう。ってかウルってしたわ。

いつもたくさん”ありがとう”を言ってくれる息子だが、昨日の”ありがとう”の破壊力半端ない。2017年10月4日(水) 産まれてから1033日目 この喜びを残せる、ブログやっててよかった。

とりあえず、ご機嫌で普通なメニューの夕食を済ませ、ご機嫌ついでに息子が喜ぶかもとハロウィンの飾りを壁に画鋲でぶっ刺していった。

「かぼちゃ、おばけ、くも…」
「かぼちゃのパーティーね!」

楽しそう、楽しそう。母は嬉しい。壁を飾りを終え、ご機嫌継続で入浴を済ませると、父が帰宅していた。更に喜びながら、シャワー中の父に話しかけたり、歯磨きをしたりしベッドへ。

なんてステキな時間。

息子が眠ると、相方のために夕食を作りながら、今しがたの喜びを伝えた。

笑いながら聞いてくれる。ここまでは本当にいい時間だった。

 

夕食を食べながら、連休(日・月曜)に泊まることを聞かされた。ここまでは予想していた。ホテルがないと探していたから『見つかったのかな?』くらいに思っていた。

聞いてびっくりバンガロー。

私はキャンプにあこがれていた。ゆくゆくはしたいと考えていた。だが、それは完全初心者が着のみ着のまま毛布とガスコンロだけ持って行くものではない。

レンタルでも購入でもいいので準備をしっかりして、予定を組み、家族が自然を楽しみ、時間を満喫するモノにしたいのだ。観光の宿として”ホテル代わり”という場所ではないと思う。。。

検索をかけながら・・・

f:id:flyrice:20171005145114j:plain

とりあえず、相方に質問した。

『レンタルの寝具の内容聞いた?』➡「聞いてない」

『当日の気温とかチェックしてる?』➡「まだ」

『キャンプの持ち物とか見て見たりした?』➡「見てない、なんで見るの」

『あと3日後の事ですけど!』➡「・・・・・。」

予想どうりの回答しか返ってこない。

いつも思う、なんて自由な人。

f:id:flyrice:20171005114708j:plain

あの時ブランコに乗ってふっ飛んでいってくれても良かったかも。

毎回こんな感じ。

体調不良の彼女を寒空の中連れ回し、自分だけローラー滑り台を滑ってみて、挙句の果てに39度の発熱させたり。自身の地元で盛り上がったからか、お腹が大きくなりだした妊婦を深夜まで連れ回し、立ちっぱなしにさせたり。8ヶ月の妊婦を車中泊の末深夜ハイキングさせたり。

毎度毎度、危険や可能性、何かが起こった場合の最悪のパターンを真剣に伝えたけど伝わらなくて、アホらしくなって諦めてを繰り返してたが、息子が産まれたらそうはいかない。

私は息子を守りたいし、なんの装備もなく寒空の小屋で息子を眠らせたくはない。

彼の安易な、安いしキャンプ気分も味わえるし良い!みたいな考えで行くのはまっぴらだ。彼はバーベキューをする気もなく、焚火をする気もなく、自炊ではなく、外食で、温泉に行くわけでもなく、ただ寝る場所としてその場所(バンガロー)を選んだ。

何故?ねぇ河馬なの?口開けてタノ?なんか出ちゃってんじゃないの?

会話をしながら、私の頭の中では、メっと木のツクエを又いで、カレノ頭蓋骨を割り、その中身に”愛しながら心配する親心”をすり下ろしたタレが染み込むまで揉んでやりたい気分だった。

いつになったら報連相を覚えるのだろうか?

もう義務制しかないよな。

 

幸せな気分は丸い月へ登って行ってしまった。

家の中には『去年までハロウィンなんか関係ない。あんなめんどくせーことしたくない。』と言っていた本人が息子のために100均の飾りを飾ったガーランドがぶら下がる。あの楽しい気持ちを返してほしい。

f:id:flyrice:20171005114648j:plain

ケンカしたまま寝たので、朝に自身の考えとして

私はいかない。
全責任と準備をしてお前が息子と行ってこい。と伝えた。

相方はボソッと「ホテルとった」と言った。

安心した私は昼休憩でコンビニに向かう中、頭の中で大声でこの歌を歌った。


Day Dream Believer

 

休憩終わりにLINEを覗くと

「明日、シュラフとマットが届きます」

と入っていた。

 

今、強力な下剤はどうやったら入手できるか?市販であるのか?料理に溶かして効果はあるのか?を考えている。