今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

普通の家庭というものがわからない 家族のイベント

私は昨日の日記にて

経験ないから、一般のお母さんが、どの程度、どんなパーティーするとかわからねぇわ。と不安を覚えた。

と書いた。
本当にわからない、家庭でおこなう誕生日がわからないのだ。

息子が産まれて困ることと言ったら、きっとこの問題だろうと、お腹にいる時から思っていた。私の育った環境や、家族に対する考え方、認識を人に話すとこう言われた。

『ドライだね。』
『珍しいね。』
『色んな家庭があるよね。』

そして「(子供のために)クリスマスってした方がいいんですか?」と聞いたら

『かわいそうだから、してあげて。』

こう返事がきた。
「あぁ、私は傍から見たら、かわいそうな子供だったんだな。」

 

私の育った家庭環境は

誕生日、クリスマス、子供の日、父の日、母の日、敬老の日といった世間がお祝いや特別な事をするであろう日を何もしない家だった。おこなう年間行事は先祖代々からの行事ごとの正月、節分、雛祭り、七夕、十五夜、お彼岸などなど。
宗教などの理由ではなく、誕生日=自分が産まれた日。生まれた日だから何?
といったことだと思う。父母の子供時代も、きっとしていないだろう。
そんな家がクリスマス=他人(エス)の誕生日など祝うわけもない。

幼い頃はケーキを食べているのを羨ましく思ったが、それはケーキが食べられることのみだった。誕生日プレゼントなんてものが存在するのは小学校に入ってから知ったんじゃなかろうか。

こんな家庭で育った私、そして妹も、自分の誕生日に思い入れはないし、人の誕生日も興味がないので中々覚えることができない。
息子の誕生日はさすがにわかるが、相方の誕生日や結婚記念日を覚えている自信がなかったので相方の誕生日に入籍した。日付を忘れないように、目に留まるところへオブジェなどを置き、その月が訪れると確認している。
父の誕生日は自身と一カ月違いだから分かるが、年齢は定かではないし、母の誕生日は何となくこの辺り?といった感じ。
大切な人が元気にその人らしく生きていてくれればいい。年齢なんて関係ない。と考えているので、その人が何歳なんてつまらないことはどうでもいい。

 

毎度、相方の誕生日を祝っているのも、彼は誕生日に『おめでとう』をたくさんもらって育っているだろうと感じるからだ。傍にいる家族や友人に当たり前に誕生日に『おめでとう』をもらってきたのならば、今、一番近いであろう私が祝わないのは、きっと寂しいだろう。という理由からだ。だからお互い無関係のクリスマスは何もしていない。

今まで付き合った方も、本当は何がおめでとうなの?と思っていた。

そして私自身は、言われたら『ありがとう。』と返すが、祝いの言葉をくれた方に自身も誕生日に『おめでとう。』を言わなければいけないというプレッシャーを感じ、人に誕生日を教えなくなった。

ずっとこれで生きてきた私は、今後も変わることはないだろう。

プレゼントを贈ったりする行為は好きだから、この先数年は息子のために家で何かしらをするのだろうな。喜ぶ顔が見たいから。
でもやっぱりどこかに

「おめでとう。」
「おめでとう…」
「おめでとう?」

という気持ちを抱え続けるんだろうな。そして、朝起きたら「おはよう」と言うようなもんだ!挨拶!挨拶!とごまかすのだろう。

 

息子の誕生日まであと数か月。

何をしようか?

ハチャメチャ・サマーナイト・パーティ 2017|USJのCMを見て(聞いて)

『パーティーよ!パーティー!』

と嬉しそうに話す息子。
期待に満ちたキラキラ視線が眩しいので、何かしらせねばならない。
たくさん風船を天井から吊るす?
クリスマスの飾りも一緒くたにして部屋中飾る?

誕生日 飾り付け 100均 - Google 検索f:id:flyrice:20170810150517j:plain

自己満でもいいので
どうやったら息子が喜んでくれるかをいっぱい考えよう。

普通の家庭を知らないので
自分ができる限りで楽しめるよう努めたい。

色んな家族の中の1つであればいい。f:id:flyrice:20170810095125j:plain