今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

拝啓 おかあさま

 

届くはずのない手紙を綴ります。

 

なぜ届かないかは簡単です。

実際に貴女の目に届けることはないからです。

だって文字に起こしたとしても、言葉に出したとしても、きっと貴女には伝わらないでしょう?私が何を言っているのか、意味が分からないのでしょう?

それは理解しようという気がないからでしょう?

覚えておく必要もないからでしょう?

だから伝えません。

 

ねぇ、お(義)母さま。

 

f:id:flyrice:20170614123942j:plain

 

昨日は荷物を送っていただき

ありがとうございました。

 

貴女が収穫した直後は全て新鮮なお野菜ですよね。

収穫から私が箱を開けるまでどれだけの時間がたったのでしょうか。

収穫→梱包→到着、通常なら3日ですね。

でも、知ってるんです。

貴女がすぐに出すタイプではないという事。

 

短いお付き合いですけどね。

わかりますよ。

何日か泊めていただいたりしていますから。

 

今回の贈り物もとても貴女らしい。

玉ねぎ22個

きゅうり20本

じゃがいも23個

ブロッコリー2株

いんげん

なす4本

キャベツ1玉

サニーレタス2つ

なまものと書いただけの常温で送っていただきました。

 

残念ですが

レタスはしなびてジュクジュクしています。

ブロッコリーは黄色くなりだしていました。

やはりお野菜の配送は涼しいとはいえチルドパックがよいかと思います。

送料が高くなるからと思われるのでしたら、新鮮なお野菜を食べさせたい。というオブラートに包むのをやめて、自分達で消費できないので送りつけた。と認めて下さればいいのに。

 

野菜って温度と湿度の管理が新鮮に関わると思います。

 

もちろん、じゅくじゅくも黄色もすぐに手を加えれば食べれることは知っています。

でも、ごめんなさい。

仕事から帰宅し、息子の食事、入浴、寝かしつけ。その後、貴女の息子の食事の準備や洗濯、片付け…

やる気もでません。

 

以前、お伝えしたんですけどね。

賃貸で近所付き合いなどないこと。

分け合う知人などいないこと。

冷蔵庫も大家族ではないので大きいものではありません。

 

とりあえず

日持ちしなそうな物は処分させていただきますね。

 

徒歩三分に朝穫れ野菜が並ぶスーパーがあるのに、じゅくじゅくした野菜を息子の口にいれたくないのです。

 

食べ物を粗末にするのは

本当に

本当に

辛くてたまりませんが、息子にはできるだけ美味しいものを食べさせたいのです。

 

もちろん、貴女のお家にいった際は文句は言いません。私はいただきます。

 

ねぇ、お母さま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連絡なしに送ってきていい量くらいわからんか?こっちも予定をくんで買い物しとんのじゃ。

 

 

 

 

 

貴女は私の今後のよきお手本のひとつです。

もちろん反面教師という。

いつもありがとうございます。

 

いつまでもお元気でいてください。

 

敬具

 

 

私のドロドロとした心たち。