今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

相方実家問題 GW振返り番外編

今回のゴールデンウィークを使い相方実家へ帰省していた。

今まで気付かなかった問題がチラホラ出たことにより、今後の帰省をより快適にするため問題と向き合い対処を考えねばと思う。

現在の相方親との関係はコチラ

 

 問題➊ 飲酒問題f:id:flyrice:20170511114933j:plain
私はこのブログで何度もビールについて取り上げている。単純に好きだからなのだが、好きな物、時間を大切にせず何が自分の人生だ!もちろんベロベロになるまで飲むことはあと十数年はないだろう。とは言え、授乳業務を3月に無事完了し”しっかりとした体つき”と言われる子供と日々真剣に向き合っているのだから「晩酌する権利あります!」と言うのが私の言い分だ。
しかし現実は違った。。。
夕飯になり父が持ってきたのはビール3缶(自分・息子・娘婿)だった。
『えっ!!私のないんすけど!!!』
とはさすがに言えない。心で叫びつつ平静を装う。
そう、前回来たときは私は授乳中で全く飲んでいなかったのだ。気付かなかった。ここって男尊女卑家庭なのね…と言うのは言い過ぎだが、アルコールに関しては母の監視がかなり厳しそうだ。その母は酒を飲まない。酒に対しても良いイメージはなさそうだ。何なら嫌ってそう?女が酒を飲むなんて!とか思ってるかも…。父も3缶目で「お父さん飲みすぎ。」と言われていた。まぁ仕方がない彼は糖尿だ。のくせ、甘いものを二人で食後に結構食べる。何がいいやら悪いやら。
とりあえず、もう相方宅での食事中のビールは諦めることにする。さっさと就寝の体制をとり寝る前にこっそり寝室で飲んでやる!(太るかな…)

 

 問題❷ お皿問題f:id:flyrice:20170511113734j:plain
まぁこれは問題と言うほどでもないが、毎度毎度「なんだかなぁ~」と思わされた件。
皿洗いだけは私がする(手伝う)ので皿の数の多さに若干嫌気が・・・
盛り付けセンスと言うか何と言うか…作っていただいているのに文句なぞ更々言う気はないのでモヤモヤした心をココに書き天に昇華させよう。

毎回の食事にサラダ的なものが一人一皿用意された。
その皿はこんな感じ↓
f:id:flyrice:20170511113740j:plain
直径18㎝くらいの中皿にちぎられたレタス数枚と、カットされたりそのままのトマト、たまにキュウリ。メインを置き忘れたのか?というように隅に寄った状態でその皿は出される。もちろんノンドレッシング、食卓にそれ(ドレッシング)らしきものはない。
同じ量なら・・・
『お母さん↓コレでよくないですか?』f:id:flyrice:20170511113744j:plain
ちなみに、田舎ってのは我が家もそうだが信じられないくらい食器がある。なので小さめの器もある。がしかし、毎度メインはどこ?的なサラダ?的な皿が出される。
そしてそれを我が相方で、料理の作り手からすれば息子にあたる男は箸をつけない。出されたモノを残すのが申し訳ないのと感じてしまう私は仕方なく、生の葉物がまだ食べれない息子と、いい大人なのに母の手料理を選好みする息子の3人分のサラダらしきものを食すことになる。と言うかレタスがそれだけそろうと1皿分になりサラダになった。それを食卓に出ている唯一の調味料だし醤油で食べる。味はまぁ普通。
取り皿と兼用と言う理由でそれが出ているのなら、まだ理解ができるのだが、それ以外に10㎝程度の小皿が出る。それに器より大きい焼き魚を入れたりする。その小皿を平気で1人2枚とか使う、、、テーブル置くとこない。尚更サラダ的な皿おジャマ~。
なので皿洗いは結構な量だ。まぁいいんだがね。モヤモヤしたわ。

 

  問題❸ お味噌汁問題f:id:flyrice:20170511113708j:plain
毎度だされる、お野菜やお豆腐の入ったお味噌汁。
母のお手製味噌で甘めなのだが、白みその得意ではない私はコレがあまり得意ではない。だが”食べれない”わけでは無いので全ていただく。が、しかし我が家の飯食わないmen'sは、これまた触ることもない。我が子は100歩譲って(本当は気まずさMAXなので譲りたくはない)よしとして、相方が全く食べようとしないのが許せん!!

2歳の息子が食事をしない度に「甘やかしてる」発言のそこの親父よ。30歳もすぎて”食べれない”ではなく”食べたくない”を理由に、人様が作ってくれた料理を食べないとは、どういった教育をされたんですか?親の顔が・・・って、てめーだな!私に甘やかしてる発言連発のてめーが甘々に育てたんだな!!
と父に言ってしまいそうだ。
もちろん、年金生活を悠々自適に過ごし、孫をかわいがる老人に、そんな言動をするほど私は鬼ではない。
だが、やはりこれは問題だ。体調不良やアレルギーや気分が悪くなりそうなほどキライとかなら無理に食べてとはもちろん言わない。コレが店だとして金銭でやりとりした料理でどうしても口に合わないならば、申し訳ないけど…と残すのも仕方ないと考えている。だが、母が作っているもので毎度残すな。残すなら「自分のはいらない。」と断れ、と言うのが私の意見だ。もし、断ったにも関わらず、毎度用意したとすれば、それは母の自己満なだけで、断ったことにより食べなくていい権利が発生するのではないだろうか?ここの考え方のすり合わせは、これから2人で1人の人間を育てていくために必要だと感じた。

 

祖父が孫に対し毎度『夏に来たら海に行こう!』と伝えている。
それを聞いて私は心の中で思う。

お父さんすみません。
お盆は(実)父が🍻ビアサーバー(業務用)と冷凍庫でキンキンに冷やしたジョッキを用意して私と孫とあなたの大切な息子を待っているので、夏に来ることはありえません‼

やはり食べ物の恨みは怖いよね。


あと、相方からたまに見える人を馬鹿にしたような物言いは父ちゃん似だなと言うことをしみじみ思った。いい肉を買ってくれるまではいいが「お前ら食べたことないだろ」的な発言はいかがなもんか・・・。
あなたの息子の妻実家は裕福ではありませんが和牛を飼育していますので、もっといい肉も食ったことあります。と言ってやりたい。忘れているのよね、仕方ないわよ興味ないんだもの。

 

でも、本当に感謝しています。

息子をかわいがっていただけるだけで私は本当に嬉しいです。

 

ちなみに今回の画像はリアル画像ではない。
全てフリー素材だ。

 

読んでいただけた方へ
もし良かったら私の背中を押してください。

 click OR tap↓Pochi!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

自分のために書いてますが、やっぱり嬉しいもんなんです。