読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

2017GW振返り⓶

 

前回(2017GW振返り⓵ - 今日も脈絡のない言葉たち)の続き

 

 5月5日☀

やっと晴れた。久しぶりの太陽。この日は八十八ヶ所を2ヶ所回った。

f:id:flyrice:20170510122837j:plain
連日 我が家のmen'sによる"飯食わない攻撃"に精神を病んでいた私は完全に心が荒んでいた。もちろん寺に行ったので、手を合わせ家族の健康と幸せに感謝した。が、荒んだ心は洗われることなくモヤモヤは原因を視界に入れることを拒んだため、一人 隣接する灯台へ歩く。海を眺めながら『どうしたものか…飯の時間マジ気まずいわ。』と考えていると原因➊が駆け寄ってきた。笑顔を見て『まぁしゃあないか。』と気持ちを切り替える。
f:id:flyrice:20170508170510j:plain
灯台までの道が、咽るような緑の匂い。気持ち悪かった。

その後、少し移動し室戸岬展望台『恋人の聖地』 | 一般社団法人室戸市観光協会 公式ホームページ

恋人の聖地・・・
海をバックに写真を撮りながらはしゃぐカップルが2組いた。f:id:flyrice:20170508172258j:plain
暑い。海がきれいだな。

 

次なる目的地へ移動

息子は車の振動で眠りについていた。

相方がホームセンターへ行くという。何故?と尋ねると「そりを買う。」『そりって?はい?我が家ソリ的な物3つもありますが、持ってきてないの?』「うん。そりができる公園。だから買う。」👈この辺りが全く理解できない。そりがないなら遊具以外で遊べばいいのではないのだろうか?と疑問を抱く。

結局ソリはなく、息子が寝ている間に小さなハーフパイプで相方はスケボーを楽しみ、昼食をスーパーで調達し、また公園へ戻ってきた。

f:id:flyrice:20170508170523j:plain
親子で滑り台。滑り台が始まるとエンドレス。f:id:flyrice:20170508170517j:plain
親子で長めの滑り台。息子の背にサングラスをかけた男が迫っている。怪しすぎる。

f:id:flyrice:20170508170530j:plain
ストライダーもチョットしてみる。

息子の寝ている時間を利用し気持ちの悪くなった緑の匂いについて調べた結果、原因はスジダイなる木の匂いらしきことが分かった。見つけたら極力近づかないようにしよう。

ひとしきり遊び、帰宅後も祖父に連れられ汽車を見に行き大満足であろう息子はようやくその日の夕食を少したべた。やっと肩の荷が下りた気分だ。

 

 5月6日☀

家へ帰宅する日。

またまた食わない問題を発生させるが、今日は帰宅をすべしで午前中には祖父母宅を出た。走ること2時間アンパンマンが好きな息子のためアンパンマン電車を見に駅へ立ち寄る。入場券を買い電車の前で写真を撮っていると、乗り込む方々がアンパンマン列車専用のボードの前で写真を撮っていた。さすが子供向けプラン✨手厚いな!と感心していると駅員さんが「どうぞ」と声を掛けて下さった。『乗りませんよ?いいんですか?』と確認。「もちろん!」と言ってボード前で写真撮影。我が家では珍しい3ショット。何だか申し訳ない。我が家は大人料金160円でプランの一部を味わってしまった。是非機会があれば乗せていただきます!と心に誓う。

観光列車<ゆうゆうアンパンマンカー> | おすすめ列車/イベント情報 | JR四国

f:id:flyrice:20170509122726j:plain
これぞ、ご満悦!というあっかんべとできるようになったピースで写真撮影。

 

その後、相方知人のうどん屋で昼食。うまかった。

更に毎度よるの友人の自転車屋へ顔を出し、兄宅へ挨拶しに行き帰路へ着いた。

少しの渋滞情報はあったが、滞ることなく戻ることかでき良かった。

 

今回の帰省で次回のためにどうにか息子に食事をさせる方法はないかを考えねばと悩んでいる。あと半年先なので時間が解決してくれるといいのだが。
また、自身の母の手料理を口にしない、おバカ息子の心境や考えを聴取する必要が出たことに深く疲労感を覚える。この問題は食に関する価値観の違いだ。
いい大人が、出された料理を「食べたくない」と言う理由で食べなくていいのだろうか?今後の事も考えて、折を見て話し合いをせねばならない。
その他小さいモヤモヤもあったが、とりあえず

迎え、もてなしてくれた父母に感謝。

いい連休となりました。

 

 

読んでいただけた方へ
もし良かったら私の背中を押してください。

 click OR tap↓Pochi!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

自分のために書いてますが、やっぱり嬉しいもんなんです。