読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も脈絡のない言葉たち

ただただ思ったことを綴っています。

今日も脈絡のない言葉たち

1歳児の修了式

子供日記

前回、私がコミュ障かも…?

2016年度末-私がコミュ障か考えてみる- - 今日も脈絡のない言葉たち

などと悩んでいた当日は、我が子の修了式だった。

 

仕事を早めに切り上げ園へ向かう。

残念ながら雨模様。

 

息子は小規模認可保育所という2歳児までが対象の園に通園している。修了式はこれで2回目。前回はやっと立って歩き出した所で、名前を呼ばれ、証書をもらい、メダルを掛けてもらい、私のところへ駆け寄って来たのがつい昨日のことのようだ。

 

今回は1歳児ということで、出し物にも参加。

名前を呼ばれ、返事をしながらかけ出てくる園児たち。

とてもかわいいオソロイの手作り衣装。

f:id:flyrice:20170403122547j:plain

 

1歳児さんは、紐通しをし、素敵な虹を作った。

2歳児さんは、太鼓をたたき、虹の下に音符のモチーフを貼り付ける。

そして虹の上に、先生が園児一人一人の、頑張ったことや、できるようになったこと、良いところを名前と共に読み上げながら、園児の写真を使った紙人形を貼っていく。

虹の上には手を繋いだ笑顔の皆が並んで完成だ。

そして、先生から園児へ贈られる歌。

笑顔の先生、涙をこらえる先生、泣きながら何度もハンカチをあてながら、手話を交え歌ってくれる先生方。

私はこの歌を、その時まで知らなかった。

いい歌だな。きっとこの先、早くて数年、長くて10数年後には、この歌は嘘だとか、きれいごとだと息子が思ったり、言ったりする時が来るかもしれない。そうなってしまっても、それを乗り越えて『ともだちになるために 人は出会うんだよ』と思えるような成長をしていってほしいな。と考えていた。

コミュ障かも?とか言って、人間関係にビビってる私は、危うくもらい泣きしそうになりながら、その歌を動画におさめた。

本当に素敵な先生方がいる園に通える事を感謝しながら、式は涙と笑顔の中、終了していく。そして園長先生の挨拶。

「一身上の都合により退職させていただくことになりました。」

えっ!!

確かに園長の欄は現在おられる、他の先生に代わっていた。新しい園に移動されるのかな(ランクアップ)?と思っていたがまさかの退職だった。

息子を7カ月の時にここへ預けると決め、面談に行ったの日が思い出される。

ぱっちりした目にしっかりとマスカラが塗られ(厚化粧ではないが)ナチュラルメイクとは違う印象を受けた。肌や雰囲気から察するに年は26~27歳くらいかな?お若い方だ。今まで見に行った他の園は比較的年配の園長先生が多かったため、少し驚いていた。

園は比較的若い方が多く、今まで辞めた方は出産のため退職された方のみ。その方も産後お子さんを園児に見せに連れてきてくださったりと、園事態が明るく仲のいい雰囲気だった。毎朝若い女性にほんわかトークをされ、元気に職場へ向かい、疲れ気味でお迎えに来ても、息子の笑顔と先生の笑顔の中、今日あった出来事を話していただく時間は本当に嬉しく、疲れも吹っ飛ぶ時間だった。

園長先生、本音を言えば息子も最後まで見ていてほしかったな~なんて。

移動ではなく退職なので、プライベートな事だし、理由は聞くはずもない。

ただ思うことは

彼女が幸せへ向かうための一歩でありますように。

 

読んでいただけた方へ

もし良かったら私の背中を押してください。

 click OR tap↓Pochi!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自分のために書いてますが、やっぱり嬉しいもんなんです。